イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

糖分の摂りすぎ

ケーキ


勉強やデスクワークで疲れたときに、甘いものを食べると疲れがとれます。糖分に含まれるブドウ糖は、脳の栄養分として必要です。ただし、これはどんな食べ物でもそうですが、食べ過ぎは禁物

糖分の摂りすぎは、血糖値を上げる原因になります。糖尿病になる前は体がインスリンを大量に分泌し、血糖値を下げようとしますが、すい臓に負担をかけるので、そのうちインスリンを分泌する働きが鈍ります。

なかなか血糖値を下げることができなくなり、インスリン不足の状態が続くと、糖尿病につながります。 また、甘いものの食べ過ぎで肥満になると、インスリンの効き目が鈍ることがわかっています。


これは、体内に脂肪があると、生理活性物質(サイトカイン)が分泌されてインスリンの分泌を妨げるからです。肥満は糖尿病の元なのです。

それ故、インスリンの効き目が鈍ると、糖が栄養として取り込まれずらくなるため、それまでと同じように食べても血糖が高くなりがちです。

このように、血糖値を上げるという意味でも、インスリンの効き目を鈍らせるという意味でも、糖分の摂りすぎは糖尿病の原因になるのです。


■スポンサーリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ