イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

肥満によるもの

メタボ


肥満(メタボ)は、糖尿病と深いつながりがあるので恐いものです。太っている人が必ず糖尿病になるわけではありませんが、肥満である、あるいは過去に肥満の時期があった人は、糖尿病になりやすい傾向があるのは科学的事実です。


脂肪細胞は、インスリンの働きを悪くする物質を常に排出します。脂肪が多ければ多いほど、インスリンの働きが悪くなるのです。インスリンの働きが悪くなると、少し食べただけで血糖値が上がってしまいます。

糖尿病がさらに悪化して、体が栄養を取り込む働きが極端に悪くなると今度は痩せていきます。栄養不足になるのです。肥満のうちは、痩せていく段階まで糖尿病が進行していないということかもしれません。


肥満であるうちに、治療に取り組みましょう。肥満が原因で糖尿病になった人は、食事療法・運動療法で肥満を解消することが先決です。

肥満を解消し、インスリンが働きやすい体内環境に保つことが、糖尿病改善の近道になります。体重が3キロから5キロ減っただけで、インスリンの効き方は大きく改善します。案外、達成しやすい数値ですね。

とはいえ、急な減量は、返って太りやすい体質をつくってしまう可能性がありますので、ゆっくりダイエットするようにしましょう。


■スポンサーリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ