イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

体重が減る

体重計

糖尿病は、血中の糖を栄養として取り入れ込めなくなる病気です。糖が栄養として取り込まれなくなると、身体は栄養を補給するために体内の脂肪を使い始めます。その結果、脂肪が減ってしまい、体重も減少してしまうのです。


いくら食べても痩せていく場合、糖尿病はかなり進行しているかもしれません。食事療法・運動療法を進めることにより生活習慣が見直され、それに伴い体重が減ることもあります。

しかし、治療をしても血糖コントロールが上手くいっていないにも関わらず体重が減っていく場合は、食事療法・運動療法が成功した結果とはいえない可能性が高いです。


食事を改善したから、運動を始めたから体重が減ったのだと喜んでいたら、実は糖尿病の進行により痩せたのだということもありえるのです。

また、頻尿・多尿により、体内の水分が急激に減り、脱水によって一時的に体重が減る場合もあります。血糖値だけでなく体重にも注意です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ