イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

視力障害

女性の目


糖尿病によって目がかすむ、視界がぼんやりする症状が出る場合があります。これも危険なサイン。そのような症状が出る場合、糖尿病の合併症である網膜症を引き起こしている危険性があります。

網膜症の症状が出るのは、糖尿病になってから10年から15年後が多いといわれています。糖尿病を何年も治療せず放置しておくと、網膜症による視力障害につながる可能性が高いのです。

網膜症が悪化すると、失明することもあります。網膜症の自覚症状が出る段階では、症状がかなり進行している可能性が高く、早期の段階では可能だった治療もできないことがあります。


そうならないためにも、糖尿病患者は定期的に眼の検診をうける必要があります。 また、網膜症にかかっていなくても、急に視界がぼんやりして見える場合があります。

このような症状は、糖尿病によって血糖が大きく変化するようになるため、目の水晶体が膨らんだり縮んだりして、視力が安定しないことから起こるといわれています。目の健康管理もしっかり行いましょう。


■スポンサーリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ