イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

手足のしびれ

手のひら

手足のしびれは、糖尿病の症状の中でも、自覚しやすい症状です。高血糖の状態が続くと、手足の神経に障害が起こってしまい、その結果、手足にしびれが生じます。

また、その感覚には個人差があり人によって感じ方は異なります。ちくちくとした痛みを感じたり、手袋をはめたような違和感を覚えたりします。左右対称に、手足の末端部分に不具合を生じやすいのが特徴。


手足のしびれが強まると、痛みに鈍感になります。そうなると、傷を負ったことに気づかず放置し、その傷が悪化し細胞が壊死したり、体内に細菌が入り込んだりする結果を招くこともあります。

糖尿病の手足のしびれは、薬の服用によって改善することもあります。ただし、しびれを根本的に治すには、糖尿病の治療が先決です。一時的にしびれを緩和することも大切ですが、基本は糖尿病治療を優先します。血糖コントロールに気を配り、糖尿病の治療に力を入れましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ