イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

糖尿病患者が食べてはいけないもの

実際、糖尿病患者が食べてはいけないものはありません。特定の食べ物を禁止するというより、食べる量や栄養に気を配ることが重要です。ただし、摂取するにあたって注意した方がよい食べものはあります。

例えば、以下のような食品は、血糖値を短期的あるいは長期的に上昇させる危険性があります。日常生活で摂りすぎないことが賢明です。


みそ汁

塩分をなるべく控えた調理を心がけましょう。塩分が濃いと、食欲が増進され、必要以上に食べてしまうからです。意外ですよね。つまり、二次的に、血糖値の上昇を引き起こしかねないのです。また、高血圧の心配もありますね。


砂糖

ケーキ

砂糖の摂取は、血糖値を急激に上げる危険性があります。砂糖の摂取は、なるべく控えましょう。料理で使用することは、ある程度、仕方ありませんが、間食で甘いものを食べるのは、好ましくありません。ここは我慢ですね。


お酒

ビール

お酒は、基本的にはNGです。お酒にはアルコール以外の栄養素がほとんど含まれていないばかりか、内臓に負担をかけ、インスリンの分泌を妨げます。最悪ですね。薬物治療中の場合は、副作用を強める危険性もあるので要注意。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ