イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

運動が効果的

汗を拭く男性


糖尿病を改善するには、運動が欠かせません。食事療法をいくら徹底しても、運動をしなければ、糖尿病の改善は難しいでしょう。運動の目的は、脂肪を減らして、筋力アップを目指すことです。

運動には、血液中の中性脂肪を減らす効果があります。また、運動を続けることで、体内の筋肉が増えます。筋肉はブドウ糖の消費量が多いため、筋肉が増えるとブドウ糖の吸収が早まり、代謝が向上します。

そのため、血糖値が上がりずらい体質になるのです。 食事の量に気を配っていても、運動不足で代謝力が落ちていれば、血糖値が下がりにくいです。糖尿病の改善には、食事療法と運動療法の並行が大切です。


また、運動をすれば脂肪を燃焼できるので、インスリンの分泌がスムーズになります。その他、動脈硬化や心筋梗塞のリスクを減らす、ストレスを発散などの効果もあります。運動療法を積極的に取り入れ、健やかな体を手に入れましょう。

※血糖値が高すぎたり、合併症があらわれていたりする場合は、運動することでかえって症状を悪化させる場合があります。運動療法を始める前に、医師に相談しましょう。


■スポンサーリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ