イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

糖尿病に効果的な運動の時間帯

ランニングする男性

糖尿病を改善させるために運動をするなら、結論から言えば、食後1時間ほど経ってからがベスト。糖尿病を悪化させないためには、血糖値の安定が最重要ですね。したがって、血糖値が高すぎるのも低すぎるのも問題なのです。

空腹時、つまり、血糖値が低くなっている時に運動をすると、血糖値をさらに下げることになります。最悪、低血糖に陥る場合があります。


また、食後すぐの血糖値が急激に上がる時間帯も要注意です。この時間帯に運動を開始すると、かえって血糖値を上げる危険性があります。

運動は、食後1時間ほど経ってから、軽い運動から始めるのがベスト。食後の血糖値の上昇を、運動で防ぐことが出来ます。 食後1時間経ってから、20分から30分程度の軽い運動を適度に行うのが効果的です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ