イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

ウォーキングで改善

ウォーキングする女性


ウォーキングは、いつでも、どこでも、ひとりでも、気軽に行えるので運動療法として最適です。ウォーキングをするときの重要なポイントは、やや早足で、大またで、背筋を伸ばして歩くこと。のんびり歩くだけでは効果は見込めないので、フォームが命です。

全身の筋肉を使うように意識して下さい。1回の長さの目安は、15分から20分です。食後1時間ぐらい経ってから行うのが理想的ですが、会社勤めの場合など、この時間帯に行えない場合もあるでしょう。


その場合はあまり時間帯にこだわらず、できるときに実践するようにしましょう。なによりも、続けることが大切だからです。 また、空腹時や、炎天下でのウォーキングは避けましょう。炎天下でなくても、汗をかいたときには小まめな水分補給を忘れずに。体内の水分が失われると、血中の糖の濃度が高くなり、血糖値を上げる危険性があります。


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ