イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

外食の注意点

外食する男性


糖尿病患者にとって、食べ物の選択は重要です。糖尿病改善のためには、食べ過ぎず、脂っこいものを避け、血糖値に注意します。

糖尿病患者は、特に食べてはならない食品があるわけではないのですが、なんでもほどほどに、バランスよく食べることが大切です。


例えば、高カロリーな食品や炭水化物の摂りすぎには注意が必要です。 外食は味が濃く、高カロリーな食品が多いです。また、野菜が不足する傾向にあります。しかし、ときには外食をすることもあるでしょう。

外食する場合は、メニュー選びがポイントです。 メニューを選ぶ際は炭水化物の多いものは避けるようにします。例えば、ラーメンとチャーハンのセットや、うどんとおにぎりのセットなど、炭水化物ばかりの組み合わせはなるべく選ばないようにしましょう。

野菜が多く、栄養バランスのよいメニューを選びましょう。メニューを賢く選びさえすれば、外食を楽しみましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ