イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

間食の注意点

ケーキ

糖尿病患者にとって、一日三食、規則正しく食事をするのが大切。血糖値をコントロールするには、血糖値を下げる時間が必要です。したがって、間食をだらだらと食べるのは好ましくありません。

三食の時間を決めて、体に食べ物が入ってこない時間を設けることで、血糖値をしっかり下げられるからです。間食をすると、血糖値を下げる時間がなくなるので、血糖値が下がりづらくなる恐れがあります。


基本は、間食はしないのが一番です。食べることでストレス発散をしてきた人は、ストレス発散の方法を運動や遊びなどに切り替えましょう。 とはいえ、食べることが好きで、普段間食を楽しんできた人には急に間食を絶つことは難しいかもしれません。

また、お腹が空きすぎて食事をどか食いしてしまうよりは、適宜間食をとる方が良い場合もあります。 間食をするときは、なるべく甘いものは控えましょう。菓子パンなど、血糖値を上げやすいものはNGです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ