イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

すい臓がんのリスク

病院


すい臓がんは、自覚症状が出にくく、発見が遅れがちな病気です。体の深いところにある臓器のため検査でも発見されにくいのです。主な症状は、黄疸、腹痛、だるさ、背中の痛みなどがあります。

人によっては体重の減少や吐き気も見られます。糖尿病とすい臓がんには密接な関係があると言われています。 すい臓は、血糖値を下げるインスリンを分泌する臓器です。すい臓がんが進行して、すい臓の機能が低下すると、インスリンを分泌する働きも弱まります。


それによって、糖尿病を発症したり、もともと持病だった糖尿病が急に悪化したりする場合があります。 糖尿病の合併症としてすい臓がんになるのではなくすい臓がんのために糖尿病になる、悪化するのです。

実際にすい臓がんから糖尿病になるケースは少ないようですが、糖尿病になったことがきっかけで、すい臓がんが発見されることがあります。


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ