イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

壊疽(えそ)、切断のリスク

男性の脚


足の指などが黒や紫に変色し、細胞や骨が腐っていく症状が壊疽(えそ)です。なんとも恐ろしいです。糖尿病が原因の壊疽を、糖尿病性壊疽といいます。 糖尿病になると血流が悪くなってしまいます。

そのため、体の傷を治すための白血球も少なくなり、その結果、体が細菌を退治することができなくなります。そのため、足に受けたちょっとした傷や靴ずれから細菌が入り込み、壊疽になってしまうのです。


さらに、壊疽から敗血症になる危険性もあるので要注意です。敗血症とは、傷から血液の中に細菌が流れ込む病気です。壊疽の部分から血液中に細菌が流れ込んでしまい、死に至ることさえあります。敗血症のおそれがあるときには、壊疽のある指などを切断することになります。

壊疽にならないよう、日頃から足を清潔に保ちましょう。運動療法を行う際は、足の傷や靴ずれに要注意です。また、糖尿病による神経障害から、足に傷を負っても痛みを感じにくくなっている可能性があります。

足の変色や異常を発見したら、痛みを感じなくてもすぐに医療機関を受診しましょう。くどいようですが、切断する可能性もあるからです。


■スポンサーリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ