イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

動脈硬化になるリスク

救急車

動脈硬化とは、血管が硬くなって血が流れにくくなることです。血流が悪くなると、必要な栄養や酸素が運ばれずに、栄養・酸素不足になった細胞が死ぬのです。心臓や脳の細胞が異常をきたすと心筋梗塞や脳梗塞に発展します。


また、足の血流が悪くなった結果起こる壊疽(えそ)についても、動脈硬化が関係しています。 動脈硬化は、糖尿病でない人にも起こりえます。ただし、糖尿病患者は高血糖により血管を痛めやすいため、糖尿病でない人よりも動脈硬化になりやすいといわれています。

糖尿病とともに、高脂血症や高血圧といった生活習慣病の症状が出ている人は、特に動脈硬化になりやすいため、注意が必要です。


動脈硬化の予防には、食事療法・運動療法が欠かせません。食事に気をつけて、適度の運動を行うことによって糖尿病・生活習慣病を改善し、血管を傷める要因を減らすようにしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ