イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

網膜症・失明のリスク

目


日本で失明する原因の第一位は、糖尿病であると言われてます。糖尿病になると、なぜ失明のリスクがあるのでしょうか? 目の奥の眼底と呼ばれる部分には、網膜という膜があります。 網膜には、多くの毛細血管が集まっています。


糖尿病になると、網膜の毛細血管を詰まらせたり、傷めたりすることがあります。これが網膜症へと発展するのです。 毛細血管が傷んで血流が悪くなると、網膜に必要な酸素や栄養が送り込まれなくなります。

そうすると、体は新しい血管を作ろうとするのですが、新しくできた血管はもろく、すぐに破れたり出血したりします。症状が悪化すると、視力が低下したり、物がぶれて見えたりします。


症状がさらに進行すると、失明することもあるのです。失明のリスクを防ぐには、適切な時期に、適切な治療をすることがカギとなります。

網膜症は悪化するまで自覚症状が出にくいため、自覚症状が出たときには治療が難しい場合があります。糖尿病と診断されたら、自覚症状がなくても定期的に眼科で検診を受けましょう。


■スポンサーリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ