イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

合併症のまとめ

診察する医師


糖尿病になると、様々な合併症を引き起こすリスクがあります。三大合併症といわれる「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経障害」をはじめとして、合併症の症状は多岐に渡ります。糖尿病だけでは済まないのです。

血液は体全体に流れているので、血液に異常をきたしてしまう糖尿病は、体内のさまざまな部分に支障をきたすのです。 合併症を引き起こさないためには、やはり糖尿病の改善をしなくてはなりません。


日ごろからの血糖コントロールに気を配るようにしましょう。 また、万が一、合併症があらわれた場合でも、早期に発見して治療をすれば、進行を食い止められる可能性は十分にあります。早期治療が重要です。

まずは、体が発する不調をキャッチし、気になる症状があればすぐに医師に相談しましょう。「これぐらいなら大丈夫」といった自己判断は禁物です。 合併症には自覚症状のないものもあります。不快な症状がないからといって安心せず、定期的な検診を受けるようにしましょう。


■スポンサーリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ