イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

妊娠糖尿病とは

妊婦


妊娠してから血糖値が高くなった場合、妊娠糖尿病と呼ばれます。妊娠中は、胎盤でつくられるホルモンの分泌が原因で、インスリンがあまり効きにくくなります。それを補うため、インスリンが多めに分泌されるようになります。

しかし、インスリンを分泌する働きが弱っている人は、糖尿病が発症しやすくなるのです。 妊娠糖尿病は、母体だけでなく、胎児にも影響を与える可能性が高いです。早産や、ときには出産を待たずして死亡するケースもあります。妊娠した女性としては大変恐ろしいですね。


しかし、多くの場合は、食事療法と運動療法によって妊娠糖尿病を改善し、母子とも無事に出産を迎えることができます。そして、 妊娠糖尿病は、出産後に症状が治まることが多いです。

ただし、もともと血糖値が上がりやすいタイプの人は、妊娠をきっかけに糖尿病になり、出産後も症状が続くこともあります。また、妊娠糖尿病を経験した人は、将来的に糖尿病になりやすい傾向があるため、血糖値には気を配る必要があります。


■スポンサーリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ